投稿者 ogawa08 | 2019/03/16

天皇盃 第30回全国車いす駅伝競走大会

天皇陛下御在位三十年を記念し

「天皇盃 第30回全国車いす駅伝競走大会」が開催された。

日時:平成31年3月9日、10日。

場所:京都府京都市

今回より、「天皇盃」の冠がついた大会となった。

伊丹空港到着後、バス等で京都へ向かう。

開会式や宿泊となるホテルの到着。

チームボランティアと対面。

受付に行き、確認や注意事項などを伺う。

昼食などをとり、午後から宿泊の部屋へ荷物を運ぶ。

その間に、コース下見に行く人も・・・

部屋で準備をし、監督はオーダーを出し、会議へ向かう。

開会式

開会式

夕方になると、開会式が始まる。

高円宮妃殿下もご臨席の開会式が始まる。

各チームが並ぶ。今回は、長崎・宮崎の合同チーム「九州ブロック」だ。

その後、しばらく時間をおいて懇親会が行われる。

懇親会では、毎回高円宮妃殿下が各チームを訪問され歓談される。

高円宮妃殿下のご激励

高円宮妃殿下のご激励

「ご激励」だ。

これを楽しみにしている人たちも多い!

その後、ビンゴゲームなどがあり、終了する。

監督の部屋で、ミーティングを行ってすべて終了する。

各部屋へ戻り、準備をしたり、入浴したり・・・。

そうして、1日目が終わる。

・・・・・・・・・・・・

2日目は、朝からレーサーの準備。

荷物の確認、運搬。チームボランティアが活躍する。

やがて、選手の招集時間になる。

各区間ごとに選手が集合する。

そして、各中継所へ移動。

競技は、オープン参加を含む25チームで競われた。

いよいよ、レースが始まる。

午前11時。スタート!

・・・・・

1区で2位の福岡Aが2区で逆転すると、以後の区間すべて区間賞!

大会記録も塗り替え(42分53秒)、圧勝した。

2位に大分A、3位に京都Aと続いた。

また、福岡はBチームも7位に入った。

8位に佐賀。

10位に大分B、12位に熊本A、14位に九州ブロック(長崎、宮崎)、21位に鹿児島、22位に熊本Bとなった。

みなさん、よく健闘されました。

おつかれさまでした。

大会関係者の皆様、応援していただいた皆様に深く感謝申し上げます。

ありがとうございました!

閉会式

閉会式

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。