投稿者 ogawa08 | 2019/01/21

第1回 みやざきっず車いす大会

「第1回 みやざきっず車いす大会」

2019年1月20日(日)。

西都市 西都原 御陵墓 周回コース において。

当日は、心配された雨もほとんど影響なく、無事開催された。

そもそも・・・。

電動スラローム-1

電動スラローム-1

スラローム-2

スラローム-2

この大会は、宮崎の若い3人組の岩切洸樹(親子)、木下大輔、國津千瑛の有志一同が発起人となりました。

ジュニア世代の発掘や育成を目的として、より広くより多くの車いす障がい者が、スポーツに接する機会を増やそうと企画したものでした。

スラローム-3

スラローム-3

スラローム出場選手

スラローム出場選手

競技種目は、電動車いすのスラローム、生活用等での400m走、競技用(レーサー)での2.5㎞と10㎞の4種目で行われました。

また、会場では体験コーナーのブースを設け、レーサーに試乗することもできるよう準備されました。

生活用400m走-1

生活用400m走-1

生活用400m走-2

生活用400m走-2

普段、あまり運動する機会のない車いす障がい者にも、参加の機会を設けたい。

そのような趣旨で計画されています。そのため、生活用の車いす(電動、手動)だけの種目も組まれました。

 

レーサー10㎞-1

レーサー10㎞-1

レーサー10㎞-2

レーサー10㎞-2

そして、ロードで走れます。日常では横断するときくらいしか通れませんが、この日は車道を利用して大きく走れるように…との願いです。
それぞれの障害に応じて、スラロームや400m走に挑戦してもらいました。

レーサー2.5㎞

レーサー2.5㎞

また、本格的に競技を始めている10代の皆さんは、2.5㎞と10㎞に挑戦し、自己記録(今の自分の力)を確認してもらうことができたのではないかと思います。

 

初めての試みで、しかも若年層の3人が企画したこと。

「できるかな?」の声をよそに、奮闘した結果、多くの「大人」達が支援・協力を惜しみなく続けてくれました。

体験コーナー

体験コーナー

 

ただいま体験中

ただいま体験中

会場では、事前準備の不足分を多くのボランティアが自主的に問題解決に尽力してくれました。おかげで、いろいろな課題をクリアできたようです。
課題点はたくさんありましたが、20代の3人が独自に活動してなしえたこと。これは高く評価してよいのではないでしょうか!次回以降はさらに進化した大会になると思います。

 

表彰状の授与

表彰状の授与

表彰式!

表彰式!

「みんなで力を出し合い協力すれば、様々なことができる。」
そんな可能性を持たせてくれたイベントになったと思います。
ご協力いただいた、多くの関係者に深くお礼申し上げます。ありがとうございました。
なにより、参加した皆さん、応援してくれた皆さん、支えてくれた皆さん。
皆さんの笑顔が素敵でした!!!

体験しよう!

体験しよう!

さて、クラブからは・・・
木下、川添、吉田、関谷、小川が出場。また、スタッフとしても。
応援に前原。
OGの真北聖子さんも見事な司会進行役でした。そして、400mにも!
ボランティアスタッフとしては、國津さん、園田さん、藤井さん。

皆さん、ありがとうございました!

記念撮影!!!

記念撮影!!!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。