投稿者 ogawa08 | 2018/11/25

第38回大分国際車いすマラソン大会

第38回大分国際車いすマラソン大会

大会は11月17日(土)~18日(日)に開催された。

開会式の模様

開会式の模様

17日(土)は、受付や開会式が行われる。

市営陸上競技場では、「クラス分け」判定も行われた。

午後から大分県庁で受付が始まる。

その後はおおむねゼッケンの取り付けやレーサーのチェック等を行う人が多い。

準備が終わると宿泊ホテルに荷物を運び移動。

アーケード街をパレード

アーケード街をパレード

午後4時頃から開会式会場に移動。

午後4時30分から開会式が始まる。

来賓のあいさつや有力選手のインタビュー、選手宣誓などが行われる。

その後、商店街をパレード。

終了後は、三々五々それぞれの予定に向かう。

宮崎県の皆さんは、夕食に向かった。

そうして1日目が終わった!

18日(日)

この日はまれにみる好天となった。

前年の大会が、台風接近による悪天候で、風雨に見舞われる天気だったことと比較すると真逆のコンディションだった。

暑すぎず、寒すぎず。

風もさほど強くなく。

ほぼ晴天!

昨年と比較してはあれだが、ほっとした。

さて、スタートは以前からすると1時間早くなった。

午前10時にフルがスタート、3分後にハーフがスタートする。

そのため、朝の準備は少し忙しくなった。

手荷物を預け、レーサーやロゴのチェックを受けて、ウォームアップへ。。。

1周回ほどしたら、アップ終了の案内が・・・

仕方がないので、アップもままならないまま、ラインナップに入る。

さてさて、そうこうしている間にスタート時間が迫ってきた。

午前10時。フルマラソンスタート!

10時3分。ハーフマラソンスタート!

ここから先は、TV(BS-TBS)でも放送していたので、そちらをご覧ください!

後からビデオでみると、フルは9名前後の集団で終始先頭集団を形成して走っていたみたいだ。

優勝したフグ選手はさすがだが、そこに絡んだ日本選手たちもすごい!と思った。

ハーフは、最後の最後に佐賀の百武選手が接戦に勝利した。

どちらもトラック勝負だったので、競技場に足を運んだ観客や関係者の皆さんには、見ごたえがあったのではないかと思う。

また、その他の女子選手や重い障害クラスの選手も健闘している姿を見ることができたのではないかと思う。

いい大会だった!

ところで、我が宮崎県の選手たちは、みなハーフのみとなった。

軒並み成績が低空飛行状態だが、なんとか維持できているだけでも良いのかもしれない。

故障の松浦さんも復帰。

病気により連続出場が途切れ、昨年エントリーできなかった津嶋さんも復帰した。

西山さんも初完走。

外山さん、関谷さんも無事完走。

記録は落ちているが、それぞれが今ある力で走れたことが救いのように思えた。

みんな頑張れ!!!

できれば、若い力が台頭してくれれば、これに勝る喜びはない・・・


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。