投稿者 ogawa08 | 2015/12/13

講演会

クラブとして、初の講演会です!

スポーツを通じた心のバリアフリー推進事業

スポーツを通じた心のバリアフリー推進事業

12月11日(金)日向市の県立富島高校において
「スポーツを通じた心のバリアフリー推進事業」という宮崎県の事業に当クラブが参加しました。
障がいのある生徒と障がいのない生徒が、一緒にスポーツを通じた交流及び協同を学習するものです。
「個性や多様性を尊重する共生社会を目指した人づくりの推進を図る」ことを目的としています。

わがクラブからは、私の他に外山哲功会長、松浦正治副会長、木下大輔事務局長補佐が参加しました。

社会のお役に立てて、たいへん光栄です。


日向・富島高校において当日は、富島高校の1年生と3年生約400名。更に、日向工業高校と日向ひまわり支援学校からも20名程度の生徒さんが参加されました。

学校の2時限目からがその時間になるそうです。
2時限目に講演。
3時限目にレーサーに乗る体験学習。
という構成でした。

ひとつの終わりは、新たな始まり!

ひとつの終わりは新たな始まり!

講話の内容は「ひとつの終わりは、新たな始まり!」という表題で行いました。

「失敗や挫折を経験しても、そこから新たな出会いや始まりがある。」というようなことを伝えたいと思いました。

で、・・・

悪戦苦闘した、スライドを見て話をします。
(スライドのパワーポイントをはじめから作成するのは初体験でした…^^;)
400名余りの前で講演するのは、初めてです。
緊張することはなかったのですが、話すペースが良く分からず、最後の方は駆け足になってしまいました。
3分程度はみ出してしまったと思います。
みなさん、すみません。(>_<)

その後、屋外に出ての「体験学習」です。

屋外で体験学習

屋外で体験学習

説明中です

説明中です

実際にレーサーに試乗してもらいます。
講師役に、哲功さん、松浦さん、木下君の現役3名が当たってくれました。
まずは、乗り降りから悪戦苦闘でした。
選手でもギリギリのサイズなので、健常の高校生には少々きつかったと思います。
大きめサイズが必要だな。。。と感じました。

レーサーの操作(松さん)

レーサーの操作(松さん)

移乗について(哲さん)

移乗について(哲さん)

レーサー操作について、松浦さん。

乗り降りについて、外山哲功さん。

フォームなどについて。木下君。

駆動方法ついて、小川。

こぎ方について、木下君

こぎ方について、木下君

ハンドル操作について

ハンドル操作について

などなど各自がそれぞれに、関わってくれました。

お決まりの転倒しそうな場面も見受けられましたが、サポートがついているので安心でした。

いろいろな反省点がありますが、クラブのメンバーにも良い経験になったと思います。
みんなで力を合わせれば、いろんなことができますね!p(^-^)q

講師役の皆さん

講師役の皆さん

こうして無事終了して、解散となりました。
富島高校の先生の皆さん、生徒の皆さん、お世話になりました。
そして日向工業やひまわり支援の先生方や生徒さんにも・・・

みなさん、ありがとうございました!

心より感謝申し上げます。

それぞれが自分らしく生きて下さい。

失敗を恐れず、やり直しもできることを信じて、いろんなことに挑戦してほしいと思います。

また、いつかお会いできることを願っています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。