投稿者 ogawa08 | 2013/03/13

わーくしょっぷ

わーくしょっぷ

3月2日、3日の2日間に渡って、熊本機能病院内・熊本健康・体力つくりセンターにおいて九州協会のワークショップが行われた。

例年1回は開催される体力測定(健康診断と言った方が良いかもしれないが…)。

①筋力測定(サイベックス)、②骨密度,体脂肪率、③フォームチェック(ビデオ撮影) ④座圧測定(褥瘡予防に)を行う。

体重測定は、車いすで測れるタイプ。

車いす体重計

車いす体重計

まず人が載ったまま体重計に乗り測定し、その後車いすのみ計り、その差で体重を推定する。

年に一度の体重測定で、健康管理の目安にしている。

骨密度,体脂肪率測定も骨粗しょう症やメタボ予防にも繋がる。

座圧測定はメーカーの協力もあり、その名の通り褥瘡予防への第一歩にしている。

ここまでは、私の個人的な健康管理の方法の一つと思っている。

サイベックス

サイベックス

さて、筋力測定(サイベックス)。

これは健康管理もさることながら、競技力向上にも繋がるかもしれない。

単純に負荷を加えて測定するだけではなく、筋力の性質を知ろうとするもので、自身の状況を知れば良い点悪い点も浮かび上がる。

瞬間的な筋力や持久的な筋力など、筋肉の動きや作用は様々なのだと思う。

筋力を測定

筋力を測定

それぞれの状況に応じて、次にどうしよう・どうしたいと言った具体的な目標設定もできるのではないかと思う。

筋力アップのためのアドバイスもしてもらえるので、向上心さえあれば有益な情報になるだろう。

測定自体は、結構きついけど、まぁ1年に1回だけのことなので、少しだけやる気を出せば大丈夫です!

自分自身を知るきっかけになると思います・・・

フォームチェック(ビデオ撮影) はランニングファームを解析する。

ここでも自身の長所短所が分かる可能性が広がる。

2011バージョン

2011バージョン

同じ選手のフォームを2011年と2013年を比較する。

例えば…クラブの吉田選手の場合。

上の写真が2011年12月のフォーム。

下の写真が2013年3月のフォーム。

今回のフォームチェックで修正を行った結果、ひじが高く上がり力をより強く伝えることになった。

そのことにより、速度も増したようだ。

2013バージョン

2013バージョン

ただ急造で修正したので、このフォームで走り続けることには慣れていない。

今後は、このフォームをどう身につけてなじんでいくか、自分の練習に取り組んでいくそうだ。

時間がかかるかもしれないが、成果を期待したい。

このように、このワークショップはすぐに成果を出せる場合とその後の努力を要する場合とある。

いずれの場合であっても、普段では気づきにくい事柄ではあると思う。

自分では気づかない点が分かってくることは、大変面白いことだと思うのだが・・・

地味な活動だが、それぞれに応じて「健康管理」や「競技力向上」に役立てていただければ幸いだ。

せっかくの機会。もっと参加者が増えることを願っている・・・

何はともあれ、ここまでバックアップして頂ける機能病院やスタッフの皆さんに感謝申し上げます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。