投稿者 ogawa08 | 2012/09/04

チャレンジアスリート記録会

「挑戦」

曇り時々晴れ

曇り時々晴れ

この夏、十代の少年少女たちが「車いす陸上」に挑戦した。

9月2日(日)、宮崎市・生目の杜運動公園・陸上競技場。

第4回チャレンジアスリート記録会が開催された。

天気は曇り時々晴れ。前日の天気予報は雨だったので、ラッキーなことになった!・・・^^)

さて、瀬口白喜さんは 始めて1年前後、星﨑大典君はまだ数か月。

木下大輔君は3年余と先輩になる。

これに指導とサポート役で小川、吉田も出場。

他にカメラマンの園田さん、保護者(木下、瀬口、星﨑)も参加。

選手のサポートをしていただいた。

夏休み最後の日曜日に、この夏の成果を試した。

本格的に初レースです。

この大会は、宮崎陸協主催の小学生かけっこ大会と合わせて開催されたので、 障がい者のみならず、たくさんのちびっこアスリートが参加していた。

賑やかな大会でした\(^o^)/

 

午前9時20分:全体の初陣をきって車いす1500m走が行われた。

小川、吉田、木下の3名が出場。

スタートは、抜群の瞬発力を誇る木下君が飛び出した。

追って、小川、吉田と続く。

スタートラインより約100m、最初のカーブで木下君に追いつき、前へ出る。

その後は、木下君の数メートル先を走り、リードする展開。

木下君がどれくらいついてこれるか、計りながら引っ張ってみた。

平均速度は16km~17km前後だろうか…?

彼は成長している、半年前とは比較にならない。

努力と工夫の成果を感じられる。

 

1100mまで引っ張る。

ラスト1周はギヤチェンジして、スパートをする。

速度を20km近くに上げてみると、さすがの木下君もついて来れなくなった。>_<;

結果は、5分17秒。彼にとっては良いタイムだ!

しかし、私を越えなければもっと上では戦えない。

 

今後のテーマとして、いくつかをあげれば…

1.長距離走のフォーム作りに取り組むこと(現在まで短距離専門)。

2.更なる体力の強化(成長段階なので必然的についてくる)。

3.将来、成長したら自分に合ったレーサーを作る。

これらの段階を踏めば、4分は切れるようになるだろう。

だから、もっともっと向上を目指して、努力してほしい。

きっとできる!!!…p(^-^)q

 

吉田さんは、発汗がないので体温調節に難がある。夏の暑さは堪える。

夏は思うように走りきれない時期でもある。

これからだんだん涼しくなる。彼のシーズンはこれからだ!

 

この車いす1500mは全体の【プロローグ】。

その後、小学生や立位障害者の競技が随時行われていった。

そして、お昼。12:05~車いす100m走が行われた。

出場選手は、先の3名+瀬口、星﨑の合わせて5名。

 

瀬口さん、星﨑君ともにこの夏は「まっすぐ走る」ことに悪戦苦闘した。

少しずつ慣れてきているが、それでも難しい課題だ。

 

果たして・・・ 2分以上かかるかな?・・・と思っていた。

しかし、練習の成果があったようだ。 二人とも、1分前半で完走した。

さすがに「まっすぐ走る」ことには苦戦したようだ。

でも完走した! おめでとう!!!・・・公式記録です。

次の目標ができたね…^^)v

 

さて、ジュニア世代を育成するにあたっての課題がいくつかある。

まず、移動をどうするか。家族やボランティアの確保がどうしても必要だ。

そしてトランスファー等の介助。これも人手がいる。

なにより、レーサー(競技用の補装具)の確保。

いろいろな課題を克服していかなければならない。

困難は多いが、知恵と工夫で解決していくしかない。

 

最後に、今回もチャレンジアスリートクラブの先生方や宮崎陸協の皆さん、多くの関係者方々にたいへんお世話になりました。

皆様のおかげで、道が開けていきます。

心より感謝申し上げます。

みんな良く健闘しました!

みんな良く健闘しました!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。