投稿者 ogawa08 | 2012/06/02

第11回宮崎県障がい者スポーツ大会

第11回宮崎県障がい者スポーツ大会 開催

開会式の模様

障がい者スポーツ大会・開会式

5月13日、日曜日。

第11回宮崎県障がい者スポーツ大会は、晴天の下、宮崎県総合運動公園を中心に開催された。

陸上競技は、もちろん陸上競技場です。
あいさつや各表彰、準備運動が行われた。

各競技、各種目ごとに会場が異なる。
それぞれの会場に移動して(あるいは最初から移動して)熱戦が繰り広げられた。

暑すぎず、時折曇りにもなる、良いコンディションです。

1500メートル走、松浦、小川の接戦

1500メートル走!接戦

私達のクラブ関係は、もちろん陸上競技。
車いす1500m走に小坂、松浦、外山哲功、吉田、小川が出場。
100m走に木下、外山實が出場した。

まず、1500m。
スタートと同時に、小川、松浦が飛び出す。
外山、吉田、小坂と続く。
2周目あたりでやや松浦が遅れる。そのまま小川がゴール。
少し遅れて、松浦がゴール。

外山哲功選手

外山哲功選手

吉田選手

吉田選手

外山、吉田、ともに自分のペースをキープしながら走りきる。
外山、吉田、そして小坂も続いてゴールした。

自己新が出ただろうか?

とにかく無事完走のようだ。

小坂選手

小坂選手

昨年、事故でしばらく療養を余儀なくされた小坂選手。
ここでも無事復活を果たした。

これからも県内最年長ランナーとして、ず~と競技を続けてほしいと思います。

ガッツです・・・p(^-^)q

さて、

木下選手

木下選手

外山實選手

外山實選手

ついで、お昼過ぎにあった100m。
これまで優勝常連の外山實選手に対抗する、木下大輔選手が成長をアピールした。
軽量ボディの木下選手、スタートと同時に一気にスパート。
20秒77のこのクラス大会新で優勝!
外山實選手は後半追い上げるも及ばず、全体で2位だった。

河野選手

河野選手

また驚くべきは、生活用車いすで出場した河野航平選手。
25秒27のこのクラスでの大会新でした。
もし、競技用(レーサー)で走られるようになったら…

高い潜在能力を予感させる走りだった。
たいへんな選手になる気がしたのは、私だけではないだろう。

間違いなく、レーサーに乗せて走らせてみたい選手の一人です。

将来が楽しみですね!

星﨑選手

星﨑選手

そして、もうひとつ嬉しいことがあった。
この100m走に出場した、星﨑大輔選手は生活用で初参加。
みんなが走るのを見て、興味を持ったようで、次回一緒に練習しようということになった。
こちらも楽しみです。
何かに興味を持ち、そこに挑戦しようという気持ちは大切にしたいと思います。
そして、目標を持ち、そこを目指して一歩一歩努力してほしいと思います。

みんなが成長している…
記録は望めなくとも、復活を目指す。
高齢にもかかわらず、現状を維持する。
健康を回復させる。
それぞれにそれぞれの目標設定がある。
それを垣間見た気がした。

そんな有意義な大会となりました。

(写真提供:園田昌義氏)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。