投稿者 ogawa08 | 2012/03/25

ワークショップ

トレーニング理論

平成24年3月17日(土曜日)13:15~15:00 熊本県総合運動公園・陸上競技場内会議室において

九州チャレンジ選手権大会の前日、熊本県民総合運動公園・陸上競技場会議室において、今年度4回目のワークショップが開催された。

ワークショップの資料

今回は「トレーニング論」。

講師は福岡ストレングス&コンディション センター代表 片井忠氏。

様々なスポーツ選手のトレーニングやコンディショニングを担当されいてる。

いろんな話を聞けたが、「目からうろこ」のものもたくさんあった。

トレーニング要素の「筋力」「パワー」「スピード」「持久力」の違いは、持久力以外の3つは区別がつかなかったが、今回初めて理解できた気がした。

そして、それぞれの要素に応じたトレーニング方法があるということ…これも大切なことなのだと思った。

それから、つきなみかもしれないが「ウォーミングアップ」「クールダウン」の重要性も再認識できた。

これらは、トップアスリートのみならず、ビギナーからベテランまで幅広い選手層に有益な内容だと感じた。競技力アップだけでなく、怪我や故障の防止にも役に立つだろう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。