投稿者 ogawa08 | 2010/03/24

九州チャレンジ陸上

熊本県民総合運動公園・陸上競技場

KKwing

3月21日、熊本市で「第13回九州チャレンジ陸上競技選手権大会」が開催された。
それに先立つ20日は、事前練習会(ワークショップ)に九身陸協の正副理事長会議も行われた。

20日は初夏のように暖かい日差しだったが、徐々に風が強くなってきた。

やがて雲も広がり、雨も降ってくる。

そして、暴風雨のような天気に。。。

でも翌日は、黄砂と風はあったがよい天気に恵まれた。     
     

ワークショップ  

ワークショップ

ワークショップ

20日はワークショップが開かれた。
車いすの選手ばかりではない。
立位の選手も参加する。

肢体(手や足の障害)、視覚、聴覚、みな様々である。
切断の選手が使用する下肢装具は、機能性重視で見てくれは関係ない。
でもそれがかっこいい!と、思うのは私だけではないだろう。

ホントに実際に見るとかっこいい!!!

九州チャレンジ陸上 

選手と伴走者

選手と伴走者

競い合う選手と伴走者

競い合う選手と伴走者

伴走者は選手と一体になります。
だからとても難しい役どころです。
しかし、そのおかげで記録に臨むこともできます。
伴走役の人も、それが大きな喜びになると言います。
どちらも大切なのですね!

もちろん

車いす選手

車いす選手

もちろん車いすの選手も走っています。
夏季パラリンピック(ロンドン)の中間年でもあり、 参加者が少ないのが残念でした。
もう少しトラック競技にも参加してほしいですね!

それでも、数名の選手は標準記録を突破したそうです。
この大会は、IPC(国際パラリンピック委員会)公認の大会です。
大分陸上と並び九州でこのような大会が2つも開かれることは、たいへんすごいことなのです。
皆さんもぜひ出場してみましょう!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。